どんどん脳を使う

著者:篠浦伸禎
四六判/166頁/定価 1,500円(税抜)
ISBN 978-4-903707-36-5
発売日:2013/02/10

AMAZONで買う

直販で買う

e-honで買う

読書のすすめで買う

左脳・右脳× 2次元・3次元
4領域を鍛えあげて明日の仕事を変える方法

【基礎編】6ステップと【応用編】8ステージで 脳の機能をレベルアップ。
脳外科、脳科学、人間学からあみ出した新たな脳の鍛え方。
「脳のタイプ別テスト」も受けられます。

chapter1/脳を使う

  • 脳と仕事は深い関係
  • 脳の使い方にはクセがある
  • 脳のクセは変えられる
  • 現代人の脳はさぼりがち
  • 幕末に学ぶ脳の使い方
  • 革命的な覚醒下手術

chapter2/脳を鍛える〈基礎編〉

  • 脳の発達は6ステップ
  • 【受動・能動】正確に情報を受け応対する
  • 【動物脳・人間脳】人間社会に適応する
  • 【右脳・左脳】情報処理の質と量を上げる
  • 【1次元・2次元・3次元】より多くの情報を処理する
  • 【アイデンティティーとバランス】強みを伸ばして裾野を広げる
  • 【拡散と統合】ストレスで自我を強くする
  • その手術は必要か?

chapter3/脳を鍛える〈応用編〉

  • 積極的に脳を鍛える3つのステージ
  • 方向を選択する
  • 「死」を意識する
  • 「公」を心がける
  • 「礼」を大切にする
  • 脳タイプに合わせて強みを伸ばす
  • 脳タイプを知る
  • 覚えておきたい脳の特徴
  • 意外な脳の法則
  • 左脳3次元タイプの強みを伸ばす〈キーワードは「義」〉
  • 左脳2次元タイプの強みを伸ばす〈キーワードは「智」〉
  • 右脳3次元タイプの強みを伸ばす〈キーワードは「信」〉
  • 右脳2次元タイプの強みを伸ばす〈キーワードは「仁」〉
  • 自我を強くして不屈になる
  • 脳のコンディションを整える
  • 自我を強くする 〈キーワードは「自立」〉
  • 左脳3次元タイプの自我を強くする〈キーワードは「志」〉
  • 左脳2次元タイプの自我を強くする〈キーワードは「信念」〉
  • 右脳3次元タイプの自我を強くする〈キーワードは「情熱」〉
  • 右脳2次元タイプの自我を強くする〈キーワードは「感謝」〉
  • 日本人の自我を強くする〈キーワードは「武士道」〉
  • 脳外科医とアイデンティティー

chapter4/実例に学ぶ

  • コンサルタントの脳評価
  • 成長企業の社長の精神
  • 脳外科医の脳の使い方
  • カウンセラーの「気づき講座」

test/脳のタイプ別テスト

p155【テストの使い方】

本書のカバー裏にあるナンバー(ID)とパスワード(PW)を確認してください。
https://www.jibunlabo.jp/brain-t/ を開き、半角文字でIDとPWを入力します。


著者紹介

篠浦伸禎 nobusada sinoura

1958年生まれ。
東京大学医学部卒業後、富士脳障害研究所、東京大学医学部附属病院、茨城県立中央病院、都立荏原病院、国立国際医療センターなどで脳外科手術を行う。

1992年東京大学医学部の医学博士を取得。シンシナティ大学分子生物学部に留学。帰国後、国立国際医療センターなどに脳神経外科医として勤務。
2000年より都立駒込病院脳神経外科医長、2009年より同部長として勤務。脳の覚醒下手術ではトップクラスの実績。

主な著書に、『臨床脳外科医が語る 人生に勝つ脳』(技術評論社)、『脳にいい5つの習慣』(マキノ出版)、『脳神経外科医が実践するボケない生き方』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)他がある。

担当編集者より

著書も多数持っている脳神経外科医の篠浦先生。

なかなか大手の出版社ではやってもらえない、とのことで紹介いただき、私を気にいっていただき、今回の出版にいたりました。とても嬉しいことです。

命の現場に関わるだけに、篠浦先生はとてもエネルギッシュです。打ち合わせは必ず夜で食事をしながらなのですが、よく食べます。ほんと食べます。生命力を感じるのです。そんな先生との会話はとても刺激的なのです。

脳の話しなので、多少わかりやすくということと、流れを明確にすることを編集のポイントにしました。2色印刷もその観点からです。

脳タイプのテスト(WEBですが)がついたこの本は、著者自身が企業講演などで実施しており、当たる? 参考になる、と評判のようです。ぜひお試しを。

今回は入門編ですので、次作への期待が膨らみます。

斉藤和則

PAGE TOP