永業という道

僕が歩んだ9つの道

著者:香月敬民
四六判/267頁/定価 1,400円(税抜)
ISBN 978-4-903707-38-9
発売日:2013/03/22

AMAZONで買う

直販で買う

e-honで買う

読書のすすめで買う

「損と得の道があるならば、損の道を行け」

思うように成果の上がらない、リフォーム会社の営業人が、一つの言葉との出会いから、心の在りようを変え、成長して行く姿を伝える、勇気と希望のメッセージ。

  • 第一章 「営業の道」
  • 第二章 「損の道」
  • 第三章 「足元にある道」
  • 第四章 「坂道」
  • 第五章 「踏み外したところにもある道」
  • 第六章 「年末」
  • 第七章 「人間力という道」
  • 第八章 「託されていた道」
  • 第九章 「すでにそこにあった道」
  • 第十章 「それぞれの道」
  • エピローグ「永業という道」

著者紹介

香月敬民 takaomi katsuki

昭和50年福岡県生まれ。
立命館大学文学部卒業。

大学在学中から、文学部でありながら本をほとんど読まなかった。しかし卒業後10年以上過ぎた後、隣の席の同僚が読んでいた「営業の魔法(中村信仁著)」をたまたま手に取ってから、一気に本との出会い、言葉との出会いに没頭するようになる。恩師や先輩から「本を読みなさい」と言われていた意味を、35歳にしてようやく知ることになる。

中村式永業塾福岡ステージリーダー。永業塾の仲間からは「せんにん」の愛称で親しまれている。

担当編集者より

「営業の神さま」著者中村信仁さんが全国で主宰する永業塾から、第一号の作家デビューです。

本を書きたい人は多くいますが、「一つの完成した原稿を持っておいで」という師の言葉を受け、しっかりと書き上げた香月さんは見事です。

私の書き直し、見直しの要求に応えるたび、どんどんよくなっていくので、どのくらいまでいくのか、わざと見直しを言ってみたほどです。

「自身の学びをこれからの世代に伝えたい」という強い思いが感じられるいい本になりました。本人も「この本に恥じない自分になる」と言ってますが、著者と共にこの本が成長していくことを楽しみにしています。ひとつの言葉で人生が変わることは現実にあるのです。

斉藤和則

PAGE TOP