ハウジングストーリー

伝えたい言葉 届けたい想い

著者:香月敬民
四六判/240頁/定価 1,400円(税抜)
ISBN 978-4-903707-48-8
発売日:2014/4/30

AMAZONで買う

直販で買う

e-honで買う

読書のすすめで買う

利得に走らず、
会社の都合にも巻き込まれず、
本当にお客様のためになることを考え、想い、
綺麗ごとを貫こうとした営業チームの物語

僕たちは会社に雇われてはいるけど、お客様からしたらただ一人のパートナーだ。それを忘れるな。周りではそんなの綺麗ごとだと言う人もいる。 でもそれでいい。
綺麗ごとだろうが何だろうが、 それを貫けそれが僕たち営業の使命だ。


著者紹介

香月敬民 takaomi katsuki

昭和50年福岡県生まれ。
立命館大学文学部哲学科卒業。

大学在学中から、文学部でありながら本をほとんど読まなかった。しかし卒業後10年以上過ぎた後、隣の席の同僚が読んでいた「営業の魔法(中村信仁著)」をたまたま手に取ってから、一気に本との出会い、言葉との出会いに没頭するようになる。恩師や先輩から「本を読みなさい」と言われていた意味を、35歳にしてようやく知ることになる。

中村式永業塾福岡ステージリーダー。
永業塾の仲間からは「せんにん」の愛称で親しまれている。

担当編集者より

2013年に2作出した香月敬民さんの3作目。

今回はハウスメーカーの営業チームのお話です。テーマは「綺麗ごとを貫く」。

文字で書いてしまうと、何とも野暮ったいのです。
だからこそ物語に落とし込んで伝えております。

世の中に綺麗事は溢れかえっています。しかしすべて表向きのことです。損得の前には、綺麗事を貫けないでいることがほとんどだと思います。なんて偉そうなこと書いていますが、現実は難しいことです。が、本来は難しいことなんかじゃないんですよ、というのがこの物語で伝わってほしいと思っています。

本当に相手を想う仕事はどういうことか、考えてみるきっかけになる本だと思います。住宅業界の裏側もちょっとだけ覗けます。

斉藤和則

PAGE TOP