実践する問題解決

著者:太田勝久
四六版/384頁/定価 1,600円(税抜)
ISBN978-4-86408-930-2
発売日:2011/12/01

AMAZONで買う

直販で買う

e-honで買う

思考力・実行力・運力を強化して、
人生をもっと価値あるものに。

“問題解決のプロ”弁護士・太田勝久が 33年の実践と研究を総まとめ

〔第一章〕実践する問題解決

  1. 問題解決とは
  2. 問題解決のモデル
  3. 思考と行動の原理
  4. 実践する問題解決のモデル

〔第二章〕精神的基本姿勢の基礎習慣

  1. 目的・目標と4つの精神的基本姿勢
  2. 主体的な姿勢
  3. 現状打破の姿勢
  4. 利他の姿勢
  5. 真実と原理原則の追求の姿勢

〔第三章〕思考力の基礎習慣

  1. 8つの思考方法
  2. 身につける思考方法

〔第四章〕実践知識拡大の基礎習慣

  1. 情報を収集する
  2. 情報化社会
  3. 知識をすぐに使う習慣
  4. 行動を拡大し関係をつくる
  5. 知識の整理整頓

〔第五章〕実行力の基礎習慣

  1. 実行力の向上
  2. 実行力の原動力の整備
  3. 心の操作の手法
  4. 心の変容の手法
  5. 4大実行方針の実践習慣
  6. 実行行動の管理
  7. 守破離による上達

〔第六章〕問題解決の実践

  1. 実践する問題解決のシステム
  2. 第1ステップ:「問題提起」
  3. 第2ステップ:「分析判断」
  4. 第3ステップ:「立案決定」
  5. 第4ステップ:「実行解決」

著者紹介

太田勝久 katsuhisa ota

昭和23年生まれ。北海道大学法学部卒業。

「太田綜合法律事務所」を開設し、平成5年に弁護士、司法書士、土地家屋調査士と『法務プラザ』を開設。

平成9年に公認会計士、税理士、社会保険労務士、中小企業診断士、行政書士らを加え『法務会計プラザ』とし、札幌市においてワンストップ型の法務会計サービスを展開。

平成24年1月に弁護士法人「太田・小幡綜合法律事務所」を開設し、札幌事務所および東京事務所において、民事・商事事件を中心に、企業法務、予防法務、戦略法務、顧問弁護士活動に力を入れる。

担当編集者より

著者の太田先生は、HSのセミナーにも参加していただいていましたが、こちらが一方的に知っているような感じでした。

「太田先生が本を出したいというので相談にのってほしい。原稿は2/3くらい書いているようです」と、ある方から話をいただきました。この時点で、「私がやらなければならないのだ」と思いました。約400ページにもなる原稿をいただきました。

原稿を読み、お話を聞き、全ての学びが生かされてこの本の中に凝縮されています。そして、問題解決に使われているのだと知りました。一瞬難解そうな感じを受けますが、丁寧に読み解いていくと、ビジネス等の現場で使える本だと思います。まさに「実践する」ための本です。

会社のデスクに1冊置いておくべき本かもしれません。数ある出版社のなかでHSを選んでいただき、私にしかできない(と思ってる)仕事ができたことが嬉しいです。多くの方へ届くとなお嬉しいです。

斉藤和則

PAGE TOP