日本人という生き方

著者:小田島裕一
四六判/304頁/定価 1,429円(税抜)
ISBN 978-4-86408-920-3
発売日:2009/07/01

AMAZONで買う

直販で買う

e-honで買う

「日本人という生き方」を大切にしたとき、
日本は必ず良い方向に動いていくだろう。



著者紹介

小田島裕一 yuichi odajima

1968年札幌生まれ。
札幌市立中学校教師として15年間勤務。
「野球を通して国際貢献」という夢を持ち、2006年6月、JICA青年海外協力隊員として、アフリカのウガンダ共和国に赴く。2008年1月に13名のウガンダ野球選手を招聘し、ウガンダ国際交流を行う。

ブログ「本物の日本人への道~大和魂日本一~ 」
http://blogs.yahoo.co.jp/odaji39uganda

担当編集者より

「モチ論」で取材させていただき、ウガンダの活躍を「当たり前基準」で紹介させてもらい、2年の任期を終えて帰ってきてから書き上げてもらいました。

自分が手本となる指導の姿勢、等身大の自分を表現する姿勢がとても好感が持てます。

日本に生まれたことが奇跡であること。今があるのは先人たちのおかげであること。そんなことを感じさせてもらえます。

これから作家として大化けする可能性も秘めているので、早く次作を考えたいと思ってます。

斉藤和則

PAGE TOP