ささえる医療へ

地域医療再生の方程式

著者:村上智彦
四六判/192頁/定価 1,400円(税抜)
ISBN978-4-652-06923-3(取次扱 / 理論社)
発売日:2012/2/20

AMAZONで買う

直販で買う

e-honで買う

その地域で死んでもいいなって思えたら、地域医療は充実します。

破綻した町に飛び込んで5年
戦う医療は終わった
夕張の医療を全国の医療モデルへ
村上医師の地域医療学

  • 第一章〔4年間を振り返って〕
  • 第二章〔在宅医療の時代〕
  • 第三章〔公としての医療〕
  • 第四章〔震災に活きる地域医療〕
  • 第五章〔時代の中の地域医療〕
  • 第六章〔医療と教育〕
  • 第七章〔これからの夕張医療センタ―〕
  • 〔講演〕

著者紹介

村上智彦 tomohiko murakami

医療法人財団 夕張希望の杜
夕張医療センターセンター長

1961年 北海道生まれ。財政破綻した夕張こそが地域医療のモデルになると考え、スタッフとともに地域医療構築、ライフワークである夕張の町づくりに精力的に取り組んでいる。

担当編集者より

ささえる医療というのは、死を敗北ではなく必然と捉えて、何でも医療にお任せしないで、自分自身で健康や人生を考え、自らも汗をかいて次の世代のことを考えると言うことです。

言い換えると「死生観のパラダイムシフト」が必要になる。そうすると、その地域で死んでもいいなって思えたら、地域医療は充実するんだ、と。

地域の医療現場での実践を踏まえて、夕張に赴いた5年間を振り返り、3.11以後、被災地へ実際に赴いて「ささえる医療」を実践した、村上さんの想いが凝縮しています。

理想に向かってまっすぐ進む、村上さんの表紙写真の笑顔が印象的な一冊となっています。

斉藤隆幸

PAGE TOP