中国

RIDE THE EARTH Photobook 07

著者:Rider Text 児玉毅 / Photo 佐藤圭
210×270mm/136頁/定価 2,200円(税抜)
ISBN978-4-903707-91-4
発売日:2019/10/23

AMAZONで買う

直販で買う

シリーズ第7弾は『中国』

2022年のオリンピックに向け、国策としてウィンタースポーツ人口3億人を目指し、加速する中国。資金力とエネルギーを投じて膨大な人口雪を生み出し、スキー場の規模に似合わないほどの巨大なホテルが乱立している。このように、もっとも若いスキー天国を目指す中国だが、カザフスタンとの国境近くの山奥に、約2万年前に描かれたスキーの壁画が残されていた...。プロスキーヤー児玉毅とフォトグラファー佐藤圭が、様々なアクシデントを乗り越えながら、もっとも若いスキーと、もっとも古いスキーを訪ね、広大な中国を駆け回る。


著者紹介

Rider Text
児玉毅 takeshi kodama

1974年 札幌市出身
「スキーを背負って地球を旅する」をライフワークとする、日本を代表するプロスキーヤー。僻地や高所などでのスキーを得意とし、今までシュプールを刻んできた国は20ヶ国を越える。


Photo
佐藤圭 key sato

1972年 札幌市出身
北海道をベースに、スキーヤー・スノーボーダーの写真をメインの被写体とするフォトグラファー。フィールドとライダーと近い距離でじっくりと時間を過ごしながら、オリジナリティ溢れるアーティスティック名作品を生み出し続けている。

担当編集者より

おなじみ、プロスキーヤー児玉毅とフォトグラファー佐藤圭が、世界の雪山を巡る、笑いあり涙あり? の痛快な旅をまとめた書籍、地球を滑る旅「RIDE THE EARTHシリーズ」の最新作が待望のリリース!

『レバノン』『モロッコ』『アイスランド』『カシミール』『ロシア』『ギリシャ』に続く、シリーズ7作目です。今回は『中国』。

トラベルの語源はトラブルと聞いたことがありますが、「ほんとだな」と思わせてくれます。なかでも、過去最大級の出来事が出発前に起きてます。もうこれは読んでもらうしかない。この奇跡。「本当に好きなことをやるっていうのはこういうことだ」といつもこの本を語るときには伝えていますが、じかに見て聞いていただき、そして読んで触って、私の言葉の意味を体感してください。

斉藤和則

PAGE TOP