KASHMIR

RIDE THE EARTH Photobook 04

著者:Rider Text 児玉毅 / Photo 佐藤圭
210×270mm/116頁/定価 2,000円(税抜)
ISBN978-4-903707-73-0
発売日:2016/10/28

AMAZONで買う

直販で買う

e-honで買う

一生で一度は絶対に滑りに行かなければならない
何かに突き動かされる自分がいた

人間の森とも言われるインドの喧騒を抜け北へ。

インド北部からパキスタン北東部にかけて広がるカシミール地方。そこは、政治と宗教間で揺れ動いた複雑な歴史が刻まれている一方、「地上の楽園」とも称される豊かな自然が広がる地域でもある。中でもパキスタンとインドが衝突し合う停戦ライン付近に、世にも奇妙な、魅惑的なスキー場があるという。

簡単な場所でないのは承知している。
それでも、一生で一度は絶対に滑りに行かなければならない。何かに突き動かされる自分がいた。ロードトリップの映画のように展開する、ただの写真集でもなく、ただの紀行文でもない、新感覚の書籍「RIDE THE EARTH PHOTOBOOK」

シリーズ第4弾!


著者紹介

Rider Text
児玉毅 takeshi kodama

1974年 札幌市出身
「スキーを背負って地球を旅する」をライフワークとする、日本を代表するプロスキーヤー。僻地や高所などでのスキーを得意とし、今までシュプールを刻んできた国は20ヶ国を越える。


Photo
佐藤圭 key sato

1972年 札幌市出身
北海道をベースに、スキーヤー・スノーボーダーの写真をメインの被写体とするフォトグラファー。フィールドとライダーと近い距離でじっくりと時間を過ごしながら、オリジナリティ溢れるアーティスティック名作品を生み出し続けている。

担当編集者より

今年も刊行できました。

スキーヤー&テキスト / 児玉毅
写真&テキスト / 佐藤圭、
デザイン&イラスト / DKC吉田尚弘、
印刷/総北海

そしてただ見守るだけの私。
このメンバーで3年連続3作目。今回も実に面白いです。今作は、特に読み物として傑作で、楽しんでもらえるはずです。

読んで写真を見ると、その写真が生きてきます。そういう写真なんですね。ライブ感があります。テキストと一緒になって生きてくるんです。

個人的にはガンジス川に身を投じている写真です! 味わってみてください。私の言ってることが伝わるはずです。

言葉にすると薄っぺらくなりますが、素敵なチームで、次の第5弾も出せることを願ってます。

斉藤和則

PAGE TOP