会いに行く味

道南地方のお菓子をめぐる出会いの旅

著者:tacaё
四六判/140頁/定価 1,350円(税抜)
ISBN 978-4-903707-67-9
発売日:2016/03/30

AMAZONで買う

直販で買う

e-honで買う

北海道のお菓子の魅力、再発見。

北海道に住み始めたばかりの私は
慌ただしい日常から飛び出して
広い空の下を
緑の中を
海沿いの道を
すこしゆるやかに感じる時間の中を移動した。
時には、歴史を遡って・・・。
そこには、また会いに行きたくなる人、お菓子。
たくさんの出会いがあった。
(・・・本文より)



著者紹介

tacaё(たかえ)

フォトエッセイスト。 「日常の中の小さな物語」をテーマに、札幌を拠点に活動。

https://tacae-photo.jimdo.com

担当編集者より

3月26日に北海道新幹線が開通します。
本書のテーマは、沿線の「価値再発見」。函館から木古内、松前、せたな、江差、黒松内などなど、道南地方のお菓子をめぐる旅は、お菓子の人たちとの出会いの旅でもありました。

せっかく函館にきたのなら、少し足を伸ばして近郊の町までお出かけしてみましょう。その際のお伴は、大福やおやきや、団子などの甘いもので。

斉藤隆幸

PAGE TOP