日本を救う!!「当たり前基準」

ウガンダ国際交流から学ぶ未来を豊かにする指針

著者:遠藤友彦
四六判/206頁/定価 1,429円(税抜)
ISBN 978-4-86408-914-2
発売日:2008/5/1

AMAZONで買う

直販で買う

e-honで買う

「当たり前基準」の向上が、
あなたと日本の未来も明るく豊かにする!

駒大苫小牧高校の甲子園二連覇・準優勝を陰で支え、人間教育をテーマに年間100本以上の講演をこなす遠藤友彦。

その遠藤の同志・小田島裕一が、 青年海外協力隊の野球隊員としてアフリカ・ウガンダへと赴く。

小田島がそこで行ったのは、 掃除・挨拶・時間厳守といった日本の昔ながらの人間教育。

その情熱的な指導により、ウガンダの少年たちはみるみると変わり、人のため・ウガンダのために貢献したいという大きな夢を持つようになった。

その光景を現地に行き目の当たりにした遠藤は、「今の日本こそ彼らから学ぶべき」と決意。帰国後すぐに全国各地を奔走し、さまざまな志人の協力を得て、そのわずか9ヶ月後に、小田島率いるウガンダ野球少年チームを 北海道に呼ぶことに成功。
「ウガンダ・北海道国際交流」を実現した。

そして、このウガンダ国際交流活動を通して生まれたのが、日本を救う!未来を豊かにする指針、
「当たり前基準」である。

当たり前基準 十ヶ条

  1. 自分から挨拶していますか?
  2. 「ありがとう」って言えますか?
  3. 素直に「ごめんなさい」って言えますか?
  4. 時間を守れますか?
  5. 人の話を聞けますか?
  6. 人をほめてあげられますか?
  7. 思いやりをもって人と接していますか?
  8. 目の前のゴミを拾えますか?
  9. 整理整頓できていますか?
  10. あなたは夢を持っていますか?


著者紹介

遠藤友彦 tomohiko endo

有限会社ゴーアヘッドジャパン 代表取締役
ウガンダ国際交流実行委員会 会長
1968年 札幌生まれ
遠藤友彦ホームページ http://www12.plala.or.jp/endou27

担当編集者より

2008年1月大成功の「ウガンダ国際交流」イベントの記録的本。

イベント計画当初から本を出そうと決めていました。著者エントモさんがこのイベントの会長で、私が実行委員長という関係でした。

ビデオの制作、役所の申請、協賛金集めなど一緒にやりました。エントモさんはこの交流前に2度もウガンダに行っています。「ウガンダから学ぶ」このコンセプトがすべて。この本にはその思いが入っています。

斉藤和則

PAGE TOP