なでしこの父

著者:阿部由晴
四六判/160頁/定価 1,400円(税抜)
ISBN978-4-86408-934-0
発売日:2012/07/27

AMAZONで買う

直販で買う

e-honで買う

「常盤木式」を初公開

創部7年でチームを日本一に導き、日本代表や年代別代表に数多くの選手を送り出してきた、常盤木学園高校サッカー部監督・阿部由晴の指導論であり、教育論であり、日本人論。

鮫島彩、田中明日菜、熊谷紗希を育てた女子サッカー名監督が、日本代表を生み出す「常盤木式」を初公開!

もくじ

  1. 第1章 常盤木バスの夜
  2. 第2章 常盤木式
  3. 第3章 常盤木育ち
  4. 第4章 阿部由晴の原点
  5. 第5章 なでしこが咲き続けるために
  6. 第6章 時代を担うマザー・テレサたちへ

著者紹介

阿部由晴 yukiharu abe

1962年秋田県生まれ。宮城県仙台市出身。

小学校4年生のときにサッカーを始め、高校時代までサッカーを続ける。東北学院大学卒業後、教員免許を取得するため仙台大学に編入する。

大学時代6年間に地域少年団のサッカーコーチを経験。指導者としてのキャリアをスタートさせる。

95年常盤木学園高等学校に赴任。全日本女子ユース(U-18)サッカー選手権大会優勝3回・準優勝2回、全日本高等学校女子サッカー選手権大会優勝4回・準優勝5回、全日本女子サッカー選手権大会で高校生チームとして初の第3位になる。

担当編集者より

鮫島、田中、熊谷や、ケガで五輪代表から漏れた京川、U-20代表の道上など なでしこジャパンに多数の選手を輩出し続けている、常盤木学園サッカー部監督阿部先生です。

部員が5人の時から日本一と言い続けてきた目標設定の置き方は、揺るぎない信念と哲学に満ちていました。印象的だったのは、大きな声が飛び交わない練習です。(一般的な部活動って大きな声が飛び交っているじゃないですか)。聞けば6万人のスタジアムを想定した練習であるとのこと。
「60.000人のスタジアムでのゲームでは、声なんて聞こえないだろう。声がなくともコンタクトできる練習が日頃から大切」と。

また男子と女子の根本的な指導の違いは目から鱗でした。女性のいる会社や組織の中の管理職やマネージャーにも、ぜひ読んで欲しい。女性との接し方は男が思っている以上に深くて繊細なものです。

常盤木の強さの秘訣は、阿部先生の女性指導を知り尽くしたことからも伺えます。今年は五輪イヤーに加えて8月からはU-20が日本開催です。2016リオデジャネイロ五輪、2015カナダW杯と楽しみが広がっていきます。
(常盤木学園の関係者のみなさま、この場を借りて御礼申し上げます)

斉藤隆幸

PAGE TOP