魂が震える話

人がひとを想うということ

著者:ゆう けい
四六判/156頁/定価 1,100円(税抜)
ISBN 978-4-903707-41-9
発売日:2013/8/29

AMAZONで買う

直販で買う

e-honで買う

ひとは皆、何かを抱えて生きているのかもしれない。
それでも皆、友を想い、ひとを想いながら生きているのでしょう。

今、笑いあえるのも、話すことができるのも、
歩けるのも、勉強ができるのも、
仕事ができるのも、楽しいのも、
喜べるのも、苦しいのも、
悔しいのも、辛いのも
全部奇跡なんだ。

もくじ

  • 忘れられないクリスマス/書き写したメール/成人式の出来事/シャイな親父/
  • 緊張する性格/赤ちゃん/結婚式のスピーチ/今でも変わらず/見守ってくれていますか?/
  • あなたが亡くなって/いつもガタガタ/おかんの弁当/強くたくましい母/助走/
  • あいつの球/髪の色/担任の先生/帰ってくるな/孫からの手紙/ハンデに負けない/
  • おやじ/口うるさい母/箱根温泉/当たり前の大切さ/自転車の傘/涙を見せない父/定食屋


著者紹介

ゆう けい yu kei

共に1979年生まれ。

二人が発行するメルマガは読者数が 合計15000人を超える。
「魂が震える話」のフェイスブックページは、「いいね!」数が15万に達する(2013年8月)。「感動」をテーマに 学校講演やセミナー講師としても活動している。

「魂が震える話」
facebook

担当編集者より

著者の「ゆう けい」さんは、同名で「メルマガ」と「フェイスブックページ」をやっています。感動する話、泣ける話で、最大21万いいねを集めた人気ページです。

「大家族主義経営」著者の星野さんに紹介をいただき、北海道でカニを食べながらこのお話をいただきました。そして一年をかけて今回の出版となりました。ありがとうございます。

特別な言葉を使わずに、まっすぐ心に入り込む表現で綴られた29話にぜひ触れてください。すべて、実話をもとに書かれたストーリーです。「生きること」「家族のこと」「愛する人のこと」「人を想うこと」そして「今生きていられる奇跡」に気づき、考えるきっかけになることを願ってます。
売れちゃう本になる予感で、私の魂も震えています。

斉藤和則

PAGE TOP