食のつくりびと

北海道でおいしいものをつくる20人の生産者

著者:小西由稀
四六判/292頁/定価 1,500円(税抜)
ISBN978-4-86408-927-2
発売日:2011/5/30

AMAZONで買う

直販で買う

e-honで買う

【海のつくりびと】

  • 牡蠣/中嶋均〔厚岸町〕
  • 真昆布/大川岩男〔函館市尾札部町〕
  • 海苔/谷川哲也〔佐呂間町〕

【畑のつくりびと】

  • なばな・菜種/中野義治〔滝川市〕
  • ホワイトアスパラガス/八木響子〔安平町追分〕
  • グリーンアスパラガス/中屋栄吉〔蘭越町〕
  • トマト/曽我井陽充〔今金町〕
  • インカのめざめ/梅村拓・泰子〔千歳市〕
  • カボチャ/小林卓也〔石狩市〕
  • 札幌黄(たまねぎ)/大作康浩〔札幌市〕
  • 米/岡村春美・田村則吉・佐藤等〔新篠津村〕
  • 醸造用ブドウ/中澤一行・由紀子〔岩見沢市栗沢町〕
  • 熟成ジャガイモ/村上知之・智華〔上士幌町〕
  • ユリ根/三野伸治・愛〔真狩村〕
  • 地豆/平間正一〔湧別町〕

【大地のつくりびと】

  • 短角牛/高橋祐之〔えりも町〕
  • 放牧牛乳/斉藤久・信一〔喜茂別町〕
  • 黒豚/上泉新・畔菜〔せたな町〕
  • 羊/石田直久・美希〔足寄町〕
  • エゾシカ/松野穣〔白糠町〕


著者紹介

小西由稀 yuki konishi

フードライター

北海道室蘭市生まれ。札幌の出版社を経て、独立。取材先は厨房、時には畑、海、牧場にも足を運ぶ。料理や食材の〝おいしさ〟の背景に着目し、料理人や生産者の思いを通して、北海道の「食」の魅力を伝える。

ブログ「北海道のおいしい時間」 http://yukikonishi.blog26.fc2.com

担当編集者より

前作「おいしい札幌出張」で、出張と言う切り口で飲食店を表現した、小西由稀さんの新作です。

今回はお皿の向こう側にいる、北海道のおいしいものをつくっている生産者の物語です。多くの時間を費やして、試行錯誤を繰り返しながら、自分の信じたものづくりを貫いている生産者はカッコいい。自然相手の仕事だからいちいち心が折れていたらやってられない。見えるところばかり見ていちゃダメ、見えないところも見ないと。みなさんのひとつひとつの言葉からは、仕事内容はちがうけれど、学ぶべき点は多いと感じました。

さぞかし苦労の連続だろうと思っていたのですが、みなさんから聞こえてくるのは、演歌調の重い話ではなく、明るく前向きなお話が多かったのも印象的です。

写真は今回も岩浪さんです。生産者たちの心を映しています。

この本を最終校正している間に、食の安全を揺るがす事件が起きました。トレーサビリティなる言葉の重みを感じていたのは、いつのことだったかとまで思い返すほど、とても残念な事件です。今だからこそではなく、いつも食には安心が必要だと改めて思う次第です。

斉藤隆幸

PAGE TOP