AKIRA GROUP 私たちが考える家づくり。

Our Way Of Building Houses

A4判/76頁/定価 2,000円(税抜)
ISBN 978-4-903707-29-7(直扱/コア・アソシエイツ)
発売日:2011/6/10

SOLD OUT

家は選ぶものではない
つくるものである

" まっさらな白木の柱が、日に焼けて、空気に触れてだんだん色が変わってくる。
もっと進むと深い飴色になって、風格が増してくる。

何十年か過ぎて、ふと振り返ったとき
「この家もようやくいい味が出てきたね。これからも、このまま暮らしていきたいね」と言えるような住まい。私たちが提案したいのはそんな家です。"

  • Chapter1 上田亨の百年構想
  • Chapter2 人がいる。人がつくる
  • Chapter3 人がつくるものだから。時が磨くものだから
  • Chapter4 街づくりへの第一歩。確かな手応えと新たな目標
  • Works File1 家をつくる。その軌跡から見えるもの
  • Works File2 笑顔、動き、語らい……家族の姿が見える家

AKIRA GROUP
株式会社 AKIRA / 有限会社 弘建 / 株式会社 design factory /
株式会社 旭匠工房 / 株式会社 AKIRA m&m

akira-inc.com/

担当編集者より

個性的な住宅を設計することで認知度のあがっている旭川のAKIRAグループのブランドムックです。

住宅市場と言う大きな括りで考えると、AKIRAグループの引き渡し棟数はそんなに多くありません。
それでも支持を集めているのは、家づくりの考え方の共鳴や共有をしながら、お互いにセッションしていく過程にあるのではないかと、取材を振り返って思いました。

一般的に、家づくりで見られることのひとつとして、足し算方式というのがあります。そりゃあ、何でもあった方がいいに決まっているし、素材だっていいものを使った方が見え方も良いだろうし。
「そこにお金をかけないほうがいいですよ」「浮いたお金でおいしいものでも食べたらどうですか」オーナーである上田氏は、そんなことを平気で言っているようです。

サブタイトルにもあるように、
「わたしたちの考える家づくり」ですから、住宅にとってデザインは大切な要素ですが、その手前にある、「お互いでつくる価値観の共有」を一緒に探しませんか、ということだろうと思います。

それにしても完成まで1年強。
オーナーに感謝するとともに、ここまでお付き合いくれたスタッフにも感謝いたします。

斉藤隆幸

PAGE TOP