FLORIST'S NOTE

花で想いを伝える10人のフローリストたち

A4/82頁/定価 1,000円(税抜)
ISBN 978-4-86408-925-8
発売日:2011/4/10

AMAZONで買う

直販で買う

花は、人なり。
花で想いを伝える10人のフローリストたち

  • 斉藤 瑞佳 ”ハッピーを届ける、まちのお花屋さんに”
  • 道順 大地 ”「花」という、この不思議な存在”
  • 佐藤 直也 ”思いの交わるところに華がある”
  • 小倉 隼人 ”予定調和ほど賞味期限の短いものはない”
  • 廣中 理加 ”花を結う、最高の一日のために”
  • 小野 弘忠 ”植物に寄り添い、その良さを引き出す”
  • 佐藤 義光 ”和のロジック、驚きのスパイス”
  • 若林 秀彦 ”自分らしく。三代目として、現在(いま)に挑む”
  • 櫻井 清隆 ” タネをまくこと。伝えるという使命”
  • 中村 晃 ”ナンバーワンでありたい”

CLOSSTALK/中山佳巳 × 長谷川演

フローリストの周辺 Around the Florist/1思いを結ぶ、花で繋ぐ 新しい流通への挑戦
株式会社ブランディア 札幌花市場
フローリストの周辺 Around the Florist/2「共選」から「個選」へ。いい花を、届けたい。
北の純情倶楽部

「EXTRA NOTE~10篇の花物語」付き。

著者紹介

この本は、シェフズ・ノートからのスピンオフとして産まれています。
企画のキッカケは、シェフズ・ノートを読んでくれていた、あるフラワーショップの 「全国コンテストにおいて上位入賞者など、北海道には優秀なフローリストがたくさんいます」 という出会いでした。

そもそもフローリストという職業も知らなければ、存在自体も認知していなかったのだけれど、確かにレストランに行っても花はある。ブライダルハウスに花はもちろんあるし、フラワーショップもたくさんある。

決定打となったのは、レストランには専属のいけこみをやっているフラワーショップがついていた、ということ。いいお店にはいいフローリストがついていたということです。

というわけで、たぐり寄せるように情報を集め、お花に関する勉強をほぼ一夜漬けで、そして10人のフローリストとのご縁に恵まれ、ようやっと発刊することが出来ました。

いつも感じていることですが、その世界のプロフェッショナルには、 それぞれの流儀や考えがあるということです。餅は餅屋とはよくいったもので、今まで認知していない世界を垣間みたことで、またひとつ勉強になりました。

豪華で大きいお花を揃えましょうということではなく、暮らしの中にそっと花を添えてみる、そんな暮らしっていいですね。発刊に際してご協力をいただいた関係者の皆様、ありがとうございました。先日の地震の影響で、物流機能に支障をきたし、発売日に影響が出たことを、ここに記しておきます。

斉藤隆幸

PAGE TOP